東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

最新情報

全所的プロジェクト研究

刊行情報 所員の新著 お知らせ

お知らせ:『危機対応の社会科学 想定外を超えて [上]、未来への手応え [下]』 玄田有史・飯田高 編 が UTokyo Biblio Plaza にて紹介されました

『危機対応の社会科学 想定外を超えて [上]、未来への手応え [下]』 玄田有史・飯田高 編 が、UTokyo Biblio Plaza にて紹介されました。



◇UTokyo Biblio Plaza
https://www.u-tokyo.ac.jp/biblioplaza/ja/F_00212.html


危機対応学ホームページ
https://web.iss.u-tokyo.ac.jp/crisis/news/2021/09/-utokyo-biblio-plaza-1.html

研究会案内 イベント案内

第5回全所的プロジェクト(社会科学のメソドロジー)ワークショップ開催のお知らせ

全所的プロジェクト(社会科学のメソドロジー)ワークショップを下記の要領で開催いたしますので、お知らせ申し上げます。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

日時:2021年10月19日(火)15時~16時40分
場所:オンライン(Zoomミーティング)

タイトル:「政治コミュニケーション研究におけるフィールド実験:Field experiments in political communication research」
報告者:小林 哲郎 氏(香港城市大学・メディアコミュニケーション学部・准教授)

対象:一般公開

※参加ご希望の方は、下記よりご登録ください。
前日にZoomのURLを送付いたします。
https://forms.gle/B7G1Nhc82WaqbWeP8

報告要旨:社会科学のメソドロジーHPに掲載
     
東京大学社会科学研究所
社会科学のメソドロジー:事象や価値をどのように測るか
https://web.iss.u-tokyo.ac.jp/methodology/
https://web.iss.u-tokyo.ac.jp/methodology/en/

問い合わせ先:メソドロジー事務局
methodology_admin@iss.u-tokyo.ac.jp

刊行情報 所員の新著 お知らせ

お知らせ:『国境を越える危機・外交と制度による対応』 アジア太平洋と中東 東大社研/保城広至編 が UTokyo Biblio Plaza にて紹介されました

『国境を越える危機・外交と制度による対応』 アジア太平洋と中東 東大社研/保城広至編が、UTokyo Biblio Plaza にて紹介されました。



◇UTokyo Biblio Plaza
https://www.u-tokyo.ac.jp/biblioplaza/ja/F_00218.html


危機対応学ホームページ
https://web.iss.u-tokyo.ac.jp/crisis/news/2021/08/-utokyo-biblio-plaza.html

刊行情報 所員の新著 お知らせ

お知らせ:『地域の危機・釜石の対応』―多層化する構造― 東大社研/中村尚史/玄田有史編が UTokyo Biblio Plaza にて紹介されました

『地域の危機・釜石の対応』―多層化する構造― 東大社研/中村尚史/玄田有史編
が、 UTokyo Biblio Plaza にて紹介されました。



◇UTokyo Biblio Plaza
https://www.u-tokyo.ac.jp/biblioplaza/ja/F_00217.html


危機対応学ホームページ
https://web.iss.u-tokyo.ac.jp/crisis/news/2021/08/utokyo-biblio-plaza.html

研究会案内 イベント案内

第4回全所的プロジェクト(社会科学のメソドロジー)ワークショップ開催のお知らせ

全所的プロジェクト(社会科学のメソドロジー)ワークショップを下記の要領で開催いたしますので、お知らせ申し上げます。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

日時:2021年7月20日(火)15時~16時40分
場所:オンライン(Zoomミーティング)

タイトル:「法学の方法ー価値基準を求めて:Methods of Jurisprudence: In Quest for Standards of Values」
報告者:田中亘(東京大学 社会科学研究所)

対象:一般公開

申し込み方法:下記URLよりお申込みください。(※前日にZoomのURLを送付いたします)
       https://forms.gle/echHjEw2b6qjREDw9

報告要旨:社会科学のメソドロジーHPに掲載

東京大学社会科学研究所
社会科学のメソドロジー:事象や価値をどのように測るか
https://web.iss.u-tokyo.ac.jp/methodology/
https://web.iss.u-tokyo.ac.jp/methodology/en/

問い合わせ先:メソドロジー事務局
methodology_admin@iss.u-tokyo.ac.jp

研究会案内 イベント案内

【シンポジウム】流域に着目して未来を考える~地域社会の危機への総合的なアプローチ~開催のお知らせ

東大社研「社会連携研究部門」× 危機対応学『地域貢献見える化事業』主催
東京大学生産技術研究所共催にて、シンポジウムをオンラインにて開催いたします。
皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

日時:8月6日(金)13:30‐16:30
場所:オンライン(Zoomウエビナー)

プログラム:(司会:中村尚史)
・開会挨拶
・趣旨説明(加藤孝明・中村寛樹)
・講演
 1.開発・復興支援の経験と現在の地域での取組み(宮原信孝)
 2.「筑後川プロジェクト」の取り組み(駄田井正・西本英雄) 
 3.流域治水+防災【も】まちづくり(加藤孝明)

   休憩:筑後川流域ショートフィルム「NOISE OF FLOW」
   (監督:梶原涼晴、主演:植野堀 誠・初音)一部先行上映

・パネルディスカッション(コーディネーター:中村尚史)
(宮原信孝・駄田井正・西本英雄・加藤孝明・中村寛樹)
・閉会挨拶

詳しくは、チラシ(https://web.iss.u-tokyo.ac.jp/crisis/images/symposium20210806.pdf
をご覧ください。

どなたでも参加可・無料
※参加申し込み(下記リンクより参加登録をお願いします)
https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/webinar/register/WN_WygXaSWPRgW7TdsJ-dtxVw
上記URLにアクセスし、必要事項をご入力のうえ、お申込みください。
ご登録後、ウエビナーに関する確認メールが届きます。
なお参加される際のリンクは、他の方と共有できませんのでご了承ください。

※危機対応学HP  https://web.iss.u-tokyo.ac.jp/crisis/
※危機対応学Twitter  https://twitter.com/crisisthinking/status/1409719796606767106
※生産技術研究所HP https://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/news/3596/

研究会案内 イベント案内

第3回全所的プロジェクト(社会科学のメソドロジー)ワークショップ開催のお知らせ

全所的プロジェクト(社会科学のメソドロジー)ワークショップを下記の要領で開催いたしますので、お知らせ申し上げます。
皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

日時:2021年6月15日(火)15時~16時40分
場所:オンライン(Zoomミーティング)

タイトル:「Covid-19と日本での経済活動:Covid-19 and Output in Japan」
報告者:仲田泰祐氏(東京大学 大学院経済学研究科)

対象:一般公開
報告要旨:https://www.carf.e.u-tokyo.ac.jp/research/5801/
参考資料:https://covid19outputjapan.github.io/JP/resources.html

※所外の方のご参加も歓迎いたします(参加費無料・事前申し込み必要です)
※参加ご希望の方は、下記よりご登録ください。
 前日にZoomのURLを送付いたします。
 https://forms.gle/28pfvJpWrnKz27K36

東京大学社会科学研究所
社会科学のメソドロジー:事象や価値をどのように測るか
https://web.iss.u-tokyo.ac.jp/methodology/
https://web.iss.u-tokyo.ac.jp/methodology/en/

問い合わせ先:メソドロジー事務局
methodology_admin@iss.u-tokyo.ac.jp

所員の発言

危機対応学の取組みが紹介(東京大学卒業式・総長告辞:2020年3月24日)

3月24日の東京大学卒業式の総長告辞にて、「危機対応学」における「海と希望の学校」プロジェクトについての取り組みが取り上げられました。
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message01_11.html

研究会案内 イベント案内

地域貢献「見える化」事業 2018年度 研究報告会開催のお知らせ(2019.6.6)

地域貢献「見える化」事業 2018年度 研究報告会を、以下の通りに開催いたします。



日時:2019年6月6日(木)16:00~19:00

場所:赤門総合研究棟5階 センター会議室(549号室)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_02_j.html



報告者は、金井利之(大学院法学政治学研究科 教授)、福代孝良(空間情報科学研究センター 特任准教授)、仲修平(社会科学研究所 助教)、伊藤香苗(法学政治学研究科総合法政専攻 博士課程2年)です。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

その他

2019年度「東京大学地域貢献見える化事業」研究助成申請の受付について

現在、2019年度「東京大学地域貢献見える化事業」研究助成申請を受付けております。
詳細につきましては、危機対応学 見える化「募集要項」をご参照ください。

  • メールニュース配信登録
  • rss
最近の記事
月別アーカイブ