東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

最新情報

危機対応学プロジェクト

イベント案内

『危機対応学―明日の災害に備えるために』合評会(2018.12.18)

『危機対応学―明日の災害に備えるために』合評会

日時:2018年12月18日(火) 15:00~16:40
場所:東京大学社会科学研究所・赤門総合研究棟5階 センター会議室(549号室)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_02_j.html

討論者:佐藤慶一(専修大学)・大崎裕子(東京大学)
『危機対応学――明日の災害に備えるために』
http://www.keisoshobo.co.jp/book/b373842.html
序章 危機対応学とその調査について 玄田有史・有田伸
第Ⅰ部 個人・家族の備えと意識
第1章 自信がない・準備もないーその背景にあるもの 玄田有史
第2章 「危機意識」の背景と影響ー保険加入とリスク評価 藤原翔
第3章 危機に対し家族はー家族役割とジェンダー 苫米地なつ帆
第Ⅱ部 危機をめぐる社会構造
第4章 防災対策が「わからない」ー認知度から知る社会構造 飯田高  
第5章 居住者と愛着ー「暮らし続けたい」を決めるもの 鈴木恭子
第6章 孤立と信頼ー平時と災害時の関連性 石田賢示
第7章 限られた物資をどう配るか?ー危機時の配分という課題 有田伸
終章 本書が示唆するもの

※所外の方のご参加も歓迎いたします(参加費無料・事前申込み不要です)。
※当日の参加状況によっては入場制限を行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。
東京大学社会科学研究所
全所的プロジェクト運営委員会
http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/crisis/

刊行情報 全所的プロジェクト 所員の新著

『危機対応学―明日の災害に備えるために』刊行のお知らせ

『危機対応学―明日の災害に備えるために』東大社研・玄田有史有田伸
http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/crisis/pub/books/post-1.html
勁草書房HPは、
http://www.keisoshobo.co.jp/book/b373842.html

将来の大規模な自然災害に対応できないのはナゼ? 独自の綿密なアンケート調査をもとに、そのメカニズムを社会科学から解き明かしたものです。

ぜひお手に取ってご覧ください。

研究会案内 イベント案内

危機対応学ワークショップ開催のお知らせ(2018.5.15)

危機対応学ワークショップを下記の要領で開催いたしますので、お知らせ申し上げます。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。


日時:2018年5月15日(火) 15:00~16:40
場所:東京大学社会科学研究所・赤門総合研究棟5階 センター会議室(549号室)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_02_j.html


報告者:田中 隆一氏(東京大学社会科学研究所教授)
タイトル:釜石高校調査最終報告会報告
※所外の方のご参加も歓迎いたします(参加費無料・事前申込み不要です)。
※当日の参加状況によっては入場制限を行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。


※2/19に岩手県立釜石高等学校にて釜石高校調査報告会を実施いたしました。
危機対応学・第2回釜石調査の記録より
http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/crisis/research/2018-kamaishi.html
今回の調査のもう一つの目玉は、2月19日に岩手県立釜石高等学校で実施した釜石高校調査報告会でした。
「釜石高校・東大社研 学校生活向上プロジェクト」として、高校1年生と2年生を対象に昨年実施したアンケート調査の結果を、釜石高校の生徒と先生に報告しました。学力や高校生活満足度を向上させるために大切なことや、そのために自分自身の性格を知ることが大切であるという話に、生徒たちは真剣に耳を傾けてくれました。


東京大学社会科学研究所
全所的プロジェクト運営委員会
http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/crisis/


危機対応学Twitter
https://twitter.com/crisisthinking

全所的プロジェクト その他

2018年度「東京大学地域貢献見える化事業」研究助成申請の受付について

現在、2018年度「東京大学地域貢献見える化事業」研究助成申請を受け付けております。
詳細につきましては、危機対応学 見える化「募集要項」をご参照ください。

研究会案内 イベント案内

地域貢献「見える化」事業 2017年度 研究報告会開催のお知らせ(2018.6.7)

2018年6月7日(木)に地域貢献「見える化」事業2017年度研究報告会を開催いたします。報告者(予定)は、金井利之 (法学部教授)、 五百旗頭薫 (大学院法学政治学研究科教授)、福代孝良(空間情報科学研究センター 特任准教授)、スティール若希 他 です。詳細は、危機対応学のページをご覧ください。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

研究会案内

第7回危機対応学ワークショップ(2017.12..18)

2017年12月18日(月)に、第7回危機対応学ワークショップ(報告題目「トランプ現象はどのように説明できるのか」/報告者:西川賢(津田塾大学学芸学部国際関係学科教授))を開催いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

研究会案内

第6回危機対応学ワークショップ(2017.11.21)

2017年11月21日(火)に、第6回危機対応学ワークショップ(報告題目「危機対応学・社会調査の分析結果(中間報告):防災意識・行動・価値観の検討」/報告者:有田伸・飯田高・石田賢示・玄田有史・鈴木恭子・藤原翔(東京大学社会科学研究所))を開催いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

研究会案内

第4回危機対応学ワークショップ(2017.9.19)

2017年9月19日(火)に、第4回危機対応学ワークショップ(報告題目「有人宇宙活動における危機対応と宇宙飛行士の選抜・訓練について」/報告者:阿部貴宏氏(宇宙航空研究開発機構(JAXA)・宇宙飛行士運用グループ長))を開催いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

研究会案内

第3回危機対応学ワークショップ(2017.6.20)

2017年6月20日(火)に、第3回危機対応学ワークショップ(報告題目「専門性の危機-TPP の実例」/報告者:Annelise Riles氏 (コーネル大学法科大学院教授・人類学教授))を開催いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

研究会案内

第2回危機対応学ワークショップ(2017.5.23)

2017年5月23日(火)に、第2回危機対応学ワークショップ(報告題目「想定首都直下地震の危機対応学」/報告者:佐藤慶一(専修大学ネットワーク情報学部准教授))を開催いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

  • メールニュース配信登録
  • rss
最近の記事
月別アーカイブ