希望学プロジェクト

所員の発言

所員の発言:中村尚史「社史が会社を強くする」『セーレン経営史 希望の共有をめざして』(『日経産業新聞』)

『日経産業新聞』の「社史が会社を強くする」(2015年11月18日)において,中村尚史『セーレン経営史 希望の共有をめざして』についての取材記事が掲載されました。 

  • 2015年11月27日 14:58
  • 希望学プロジェクト

所員の発言

所員の発言:中村尚史対談 「名門企業」は変われるか―希望学からみた企業改革(中編)」(『プレジデントオンライン』)

『プレジデントオンライン』(2015年11月4日) において, 川田達男、中村尚史対談「 「名門企業」は変われるか―希望学からみた企業改革(中編)」が掲載されました。 

  • 2015年11月26日 12:03
  • 希望学プロジェクト

所員の発言

所員の発言:中村尚史対談 「なぜ企業に「夢」が必要なのか―希望学からみた企業改革 (前編)」(『プレジデントオンライン』)

『プレジデントオンライン』(2015年10月21日) において, 川田達男、中村尚史対談 「なぜ企業に「夢」が必要なのか―希望学からみた企業改革 (前編)」が掲載されました。

  • 2015年11月26日 11:33
  • 希望学プロジェクト

所員の発言

所員の発言:中村尚史「幸福な福井における希望の追求」(『福井県環境エネルギー談話会』私のふくい探訪No.10)

『福井県環境エネルギー談話会(私のふくい探訪No.10)』(2015年8月10日) において中村尚史 「幸福な福井における希望の追求」が掲載されました。 

  • 2015年11月26日 11:27
  • 希望学プロジェクト

所員の発言

所員の発言:中村尚史出演「震災4年 釜石 震災の経験をどう生かすか?」(『NHKラジオ第1 私も一言!夕方ニュース』)

中村尚史が3/11の『NHKラジオ第1 私も一言!夕方ニュース』の「震災4年 釜石 震災の経験をどう生かすか?」に出演いたしました。

  • 2015年03月12日 13:42
  • 希望学プロジェクト

所員の発言

所員の発言:玄田有史「(東日本大震災4年)希望のありか 玄田有史さん、阿部聡さん」(『朝日新聞』)

『朝日新聞』(2015年3月11日)の「(東日本大震災4年)希望のありか」の中で、玄田有史の発言が掲載されました。

  • 2015年03月11日 11:19
  • 希望学プロジェクト

所員の発言

所員の発言:玄田有史対談「戦後70年 伝える 生きる」(『岩手日報』)

『岩手日報』(2015年1月11日)に玄田有史対談「戦後70年 伝える 生きる」が掲載されました。

  • 2015年02月04日 12:17
  • 希望学プロジェクト

刊行情報 所員の新著

所員の新著: 東大社研・中村尚史・玄田有史(編著)『〈持ち場〉の希望学 釜石と震災、もう一つの記憶』(東京大学出版会, 2014.12)

東大社研・中村尚史玄田有史(編著)『〈持ち場〉の希望学 釜石と震災、もう一つの記憶』(東京大学出版会, 2014.12)が刊行されました.詳細、目次は、「所員の図書」のページをご覧ください.

  • 2015年01月21日 11:51
  • 希望学プロジェクト

所員の発言

所員の発言:中村圭介、「眼鏡産地の苦闘と「個」の時代のイノベーション」(『中央公論』)

中村圭介の「眼鏡産地の苦闘と「個」の時代のイノベーション」が『中央公論』に掲載されました。

  • 2015年01月15日 12:15
  • 希望学プロジェクト

刊行情報

刊行情報:ディスカッションペーパーシリーズ(日本語シリーズ)J-207

 ディスカッションペーパーシリーズ(日本語シリーズ)J-207(五百旗頭薫 「福井の文学に読む<希望>(帰雁忌講演)」)が刊行されました。

  • メールニュース配信登録
  • rss
最近の記事
月別アーカイブ

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。